気功の種類と気功治療

「気」と言われると「何だかよくわからない」と感じるかたは多いと思います。確かに科学的に実証されたものでもなければ、目に見えるものでもありません。では「気」とは一体どのようなものなのでしょうか?
「気」は東洋医学において「生命エネルギー」と呼ばれています。この生命エネルギーは体を絶えず循環するエネルギーです。ここで少し血液について考えて見ます。血液も体を絶えず循環しており、酸素や栄養、ホルモンなどを血管を通して体の隅々まで運んでいます。ここで右膝から下(つま先)への血液の供給か止まってしまったと想像してみてください。これは右膝から下の細胞への酸素や栄養等の供給がストップしてしまうことを意味します。この状態が続けば右膝からつま先にかけて細胞が死に壊死していってしまいます。同じことが循環する生命エネルギーである「気」にもあてはまります。どこかで循環が止まってしまったり流れが悪くなったりすれば体調にも悪影響を及ぼすわけです。気功や気功治療はこの「気」の循環を正常な状態に導く、または正常な状態を維持しようとするものです。その種類も数多く存在しますので代表的なものを以下に紹介します。


 気功の種類 
 医療気功@(内気功)
 医療気功A(外気功)
 組場帯功
 武術気功
 気功治療について 
 気功と自然治癒力
 外気功による治療
 当院における治療の概要

気功の種類

 医療気功@(内気功)

内気功は主に健康維持や患者自身が治療と治療の間を埋める目的で行う気功法で大きく静功と動功に分けられます。静功は一定の姿勢を定め、その姿勢を維持し続ける気功であり、動功は始めから終わりまで身体を動かし続ける気功でです。 動功の例としては太極拳が広く一般に知られています。

 医療気功A(外気功)

外気功は気功師が手から発した気により、患者の免疫力を促進させ病気を自然治癒に導くことを目的とした気功法です。外気功のタイプには2種類あります。
 @気功師の鍛錬により増大した気の余剰分を治療のために発するタイプ
 A身体の外部から気を取り入れ、取り入れた気を治療のために発するタイプ(当院はこのタイプです)

 組場帯功

アメリカで広く行われている気功法で同じ目的を持つ複数の人間が集まり、気功をすることで「気場」と呼ばれる癒しの空間を作り出す気功法です。

 武術気功

相手を気で飛ばしたり、自分の身体に気を入れて麻痺させることにより、超人的な技(石を割る、棒で刺すなど)を可能にする気功法です。

気功治療について

 気功と自然治癒力

気功による治療は基本的に患者本人が持っている自然治癒力を引き出し病気を癒そうとするものです。したがって、この自然治癒力が病気に対しどのくらい癒す力があるのかが気になる点だと思います。それでは現在の医学で治せる病気を考えて見ましょう。実は現在の医学で治せる病気はほとんどありません。例えば風邪を患って病院にいくと薬を処方されることが多いのですが、この薬は風邪そのものを治すものではありません。あくまで症状を抑えるためのものです。実は風邪そのものを治癒に導いているのは体が持っている免疫力であり自然治癒力なのです。風邪に限らず癌や精神疾患などあらゆる病気についても同じことが言えます。
自然治癒力は生活習慣やその人の思考パターンによるストレスなどに大きく左右されます。頻繁に風邪をひく方は不規則であったり、偏った生活習慣により自然治癒力が十分に発揮されない状態なのかもしれません。あまり薬に頼らず生活習慣を見直した方が良いのではないでしょうか。

 外気功による治療

上記の通り外気功は患者本人の自然治癒力を引き出し病気を治癒に導くものです。逆に自然治癒力が衰えると何らかの病気を発病する危険性が増すと言う事ができます。
東洋医学では「気、血、津液(水)」の異常や体内の臓腑のアンバランスが自然治癒力を衰えさせると考えられているのですが、これらの異常をもたらすものが「邪気(病気の原因)」と呼ばれているものです。外気功療法ではこの「邪気」を取り除き「正気(健康のもと)」を取り戻すことに主眼が置かれています。「邪気」を取り除くと自然と体には治癒する力がよみがえり、病気の癒しにつながるのです。

 当院における治療の概要

当院では外気功による療法をおこなっております。基本的には邪気をはらい正気を取り戻すことに主眼を置いておりますが、ただ邪気をはらうだけでは病気や不快な症状の改善は一時的なものとなってしまいます。そのため、治療の際は邪気をはらうのと同時に邪気が作られてしまう原因を取り除くように努めています。そこで当院では邪気を作り出してしまう原因を大きく次表のように分けて原因を探っていきます。

邪気の由来邪気の原因治療の方法
ネガティブな思考 ポジティブ思考への転換
体内の毒素
生活習慣の不摂生
解毒の促進
生活習慣の改善
環境 ジオパシックストレスの影響
職場でのストレス
住環境
ジオパシックストレスの除去
職場ストレスの解消
住環境の改善

「気」は身体から発せられるものばかりとは限りません。動物や植物はもちろんのこと、岩や水など無機的なものからも発せられています。そしてそれら万物から発せられる「気」は人体と互いに影響し合いながら存在しています。それら影響し合う「気」のなかには、身体にとって良い物もあれば悪い物もあります。病や不快な症状を治癒に導くにはこの体に悪い影響を与える「気(邪気)」の影響を受けないようにすることが重要なのです。

↑ページトップ